服を売る前に洗ったりアイロンかける必要ある?クリーニングはいらない?

服を売る前に洗ったりアイロンかける必要ある?クリーニングはいらない?

 

リサイクルショップに持っていく洋服を洗うのか、洗わないのか。アイロンはかけたほうがよいのか?クリーニングは?このように迷ったことがある人も多いのではないでしょうか。
多くのリサイクルショップでは、よほどの大きなシミや汚れ、穴開きなどがない限り、買い取ってもらえることがほとんどです。しかし、やはり見た目にキレイであるほうが、査定金額も上がることは確かなようです。

 

例えばシャツの場合。
汚れが付着するところは決まっており、首回りの黄ばみ、袖口の黒ずみ、脇汗のシミです。
これらが明らかに目立つ場合は、買い取ってもらえない可能性があります。クリーニングには出さなくても、自宅で洗濯し、ある程度汚れを落としてから持ち込みましょう。
生地が傷まない程度にこすり洗いをすることで、それなりにきれいになります。そして、シャツはアイロンをかけた方がよいでしょう。

 

クリーニングについては、高値での買い取りが可能と予想されるブランドものの場合は出してもよいでしょう。
もし、買い取り価格よりクリーニング代のほうが高くなれば損をしてしまいます。
そして、ベルトや収納袋などの付属品も一緒に、きれいな状態で出すことが大切です。

 

お店が洋服を買い取るということは、次にそれを買って着る人がいるということを前提としています。
私たち売る側としても、できるだけ気持ちよく次の人に使ってもらいたいと思いがあるのとないのでは、買取側の印象も違ってくると思います。
もし自分だったらこの洋服を買いたいと思うだろうか?と考えてみてもよいですね。
自分でできる洗濯・アイロンは、できる範囲で施してから買い取ってもらう心がけを持ちたいものです。