服を処分するのがもったいない!それなら売ってみれば?

服,捨てる,もったいない

確かに、服を処分するのってもったいないですよね。
気持ちわかります。

 

もし、私に裁縫などの能力があれば、洋服をバックにしたり、色々な使い道があるのでしょうが、残念ながらそんな能力はありません。

 

しかし、世の中には、いろいろな方法で、いらなくなったものを上手く次に繋げれる
ものがあります。

 

今回は、そんな服を処分するのがもったいない人、必件の方法をお伝えしようと思います。

 

服を捨てずに売る!どんな方法がある?

服,捨てる,もったいない

服を売る方法それは、たくさんあります。

 

その中でも、最近主流なのがネットを使ったフリーマーケットサイトではないでしょうか?

 

よく、CMなどでも見ますし、私の周りにも使っている人が多いです。

 

簡単に手順を説明しましょう。

 

  1. そのサイトを携帯、もしくはパソコンでダウンロードします。
  2. そのサイトで、住所や振り込み方法などの、個人情報を設定します。
  3. 自分のいらなくなった服や、着なくなった服、もしくは、お子さんや、家族の服などを、写真にとります。
  4. そのサイトに合わせて、洋服のサイズや、先ほど撮った写真、自分が販売したい服の金額を設定して出品する

 

大まかな説明は以上です。

 

登録したり、最初の商品を出品するまでは慣れてないので、大変かもしれませんが、馴れてくると、意外とスムーズに出来るようになります。

 

1番のおすすめはメルカリです。

 

 

多くのユーザーがいて、今いちばんホットなフリマアプリかと思います。

 

 

あとは、自分の出した商品が売れた時の、あの感覚はなんとも言えないものです。

 

今はやっていませんが、昔は私もしていました。

 

私の場合は引っ越しをするタイミングで整理するために、利用しました。

 

おかげで、引っ越しの資金が増え、助かりました。

 

いらないものを捨てるのではなく、他の方法で、しかも、誰かの役にたて、さらにお金がもらえるなんて、いいと思いませんか。

 

当然他にも、現地で交渉したりしあうフリーマーケットや、お金にこだわらない人であれば、無料で服を、受ってくれるところもあるので、そちらも、あなたの考えに合えば利用できます。

 

捨てるのがもったいないなら寄付も良いかも

服,捨てる,もったいない

そして、寄付という選択肢もあります。

 

どうせ、捨てるのであれば、だれかの服にしたり、違うものにリメイクしてくれる方に寄付した方がいいのではないでしょうか?

 

日本にいると、なかなか、実感することが出来ませんが、世の中には、洋服すら買えない国や、地域があります。

 

あなたが捨てようとしているその服でさえも、欲しがっている人は、世界にはたくさんいます。

 

ですので、服を寄付することをオススメします。

 

地方ごとに、寄付の仕方や、寄付の場所、寄付できるものが違うと思うので、寄付する際は、一度調べてから、持って行った方が良いと思います。

 

住居柄持っていけない人などは、寄付したい洋服などを郵送で送れる、サイトもあるようなので、ぜひ、そちらも利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

最後に

 

あなたのいらなくなったものが、他の必要なものであったり、逆に、他の人のいらないものがあなたのいるものだったり、上手くできています。

 

しかし、その状況があったとしても、皆が誰かのためにという気持ちがなければ意味がありません。

 

だって、もしあなたが欲しいものが、私が持っていたとしても、私が捨ててしまえば、そのバランスは崩れます。

 

そうなるとあなたは、わざわざ他の労力を払って手に入れなければなりません。

 

なので、そのようなことがないように、昔からある言葉ですが、一人がみんなのために、みんなが一人のために行動できれば、自然とよりよいサイクルになるのではないでしょうか?

 

ぜひ、捨てようと思っている服を、ネットで出品してみたり、寄付して、あなたのため、日あの人のために役立ててください。

 

参考:服を処分するのがもったいなら>>