服を捨てずにリサイクル!どんな方法があるかまとめました

服,捨てる,リサイクル

最近は、洋服は手ごろな価格で買うことが出来ますし、小さい子供から、自分で服を選んだりしている子も多くなってきていますね。

 

そのため、洋服のサイクルも早くなってきています。

 

流行りも、その年、その年で、どんどん変わっていく為、流行りに敏感な方は、
どんどん新しくして行く為に、きらなくなった服が多くなっています。

 

そんな時に、着なくなった服をどうすればよいのか?

 

捨てるのはもったいない、でもどうにかしなくては?

 

今回は、そんな悩みを解決していきます。

 

服を捨てるのはもったいない。リサイクルする方法まとめ

 

リサイクルといっても方法はたくさんあります。

 

  • 買い取り専門店に持っていく
  • フリーマーケットに出す
  • ネットで出品する
  • 無料で回収してくれる場所に持っていく

 

などです。
それぞれについてご説明しますね。

 

買い取り専門店

まず、買い取り店は、どちらかというと、いらなくなった服を、少しでもお金に換えたい人や、もともとの購入金額が高めの服を買った人にオススメです。

 

安い服や、ノーブランドの服をもっていっても、戻ってくるお金は微々たるものか、もしくは、0円の可能性、さらに、買取できないと言われることもあります。

 

フリーマーケット

次にフリーマーケット、こちらは、いらなくなった服など、自分が売りたい金額で、やりとりできるので、ある程度自分の思うようにいくことができます。

 

しかし、大概が値切られたりするので、そこの駆け引きはあなた次第かもしれません。
売れ残った場合、持って帰るという人手間がかかります。

 

ネットで出品

次はネットで出品するですが、こちらはあとで詳しく説明します。

 

最後に、無料で回収してくれるお店に持っていくです。
こちらは、完全にお金目的はなく、単純に処分してほしいという方にオススメです。

 

無料回収を利用

最近では、多きところではユニクロや、H&Mのような店舗で無料で回収してくれるところも多くなってきています。
しかも、他のお店で買った服でも、回収してくれるので、処分だけしたいという人は、オススメです。

 

ただし、製品の性質によっては回収できないのも、中にはあるようなので、持っていく際は、事前に調べていく方が良いと思います。

 

 

服を売るのだって立派なリサイクル!

服,捨てる,リサイクル

先程、後回しにしたネットで出品するをここで説明したいと思います。

 

たくさん、売る方法がありますが、最近圧倒的に多いのが、ネットで服を売買することです。
これは、新品に限らず、当然自分が来ていた服も可能です。

 

基本的には、フリーマーケットのネット版だと思ってもらえればいいと思います。

 

自分が売りたい商品に金額をつけて出品するだけです。

 

フリーマーケットだとその場所にもっていかないといけないのが、ネットだと、その手間が省けます。

 

人によっては住居が、いろんな施設から遠い人でも、場所の問題にとらわれることなく、できるので、オススメです。

 

それに、フリマとは違い、値引きされることがないので、自分の提示した金額で基本的には売買できます。
売れ残れば、また、買い手が見つかるまで、出せばいいのです。

 

自分が着ていた服を、また次の人が着る、売ることによってリサイクルできているわけです。

 

 

最後に

服,捨てる,リサイクル

いらなくなった服、着なくなった服を、捨てるのは簡単です。
ただゴミの日にまとめて出せばいいのですから。

 

しかし、どうせなら、少しのお金に変えたりして、新しい服を買う資金にしたり、
回収してもらいリサイクルに協力するほうが、よりいいのではないでしょうか?

 

世の中は、洋服に限らず、いろんなものがリサイクルされ、それがまた、違う人のためになったりします。

 

捨ててしまえば、ただゴミになるだけです。

 

同じ処分でも、よりよい環境で処分できることが、私は大切だと思います。